災害寄付にご協力お願いします

ご寄付の方法

一口1,000円×

一口3,000円×

一口5,000円×

一口10,000円×

一口15,000円×

1.ご寄付にはクレジットカードが使えます。
支援内容を選択し、金額をご指定ください。

●クレジット決済に関する注意事項
・お引落日について
通常のカード利用と同様に、ご利用クレジットカード会社各社のお引落とし日となります。
・お支払い回数
一括払いとなります。
*あなたがページにアクセスして寄付を終えられ、私たちに受領通知が届きましたら、メールにてあなたにお知らせ致します。

2.銀行振込

肥後銀行学園大通支店
普通
2204732
明石祥子

皆様へ

1年前の2016年4月に、M7.0の地震が発生し、熊本県に多大な被害をもたらしました。この大惨事に続いて大雨が発生し、200人以上が死亡し、およそ14万人の家屋が被害を受けました。

ご存じのように、2011年に、熊本市は、日本初のフェアトレードタウンとして認定され、3年後には第8回フェアトレードタウン国際会議を開催し、フェアトレードを普及してまいました。

しかし、この激しい地震により、フェアトレードシティくまもと推進委員会の事務局を務めるフェアトレード「ラブランド」が全壊し、活動をストップしています。

私たちは、「ピンチをチャンスに」変えます。

復興とさらなる発展のために

世界で初めて、1900カ所のフェアトレードタウンと手をつないだ支援システムを作り、以下を目標として、活動します。

1.生産者(有機農家と障害者)と消費者の間の平等な関係を確立すること。
2.「公正・倫理的・持続可能な熊本県」を目指します
3.フェアトレードをさらに創造的に復活させていく活動に参加する市民とビジネスを勇気づけること。

具体的には、

「熊本丸ごとフェアネットワーク」を開始します。

世界のネットワークと連携しながら、地震被災地の有機農家や障害者を支援し、日本全域で市場を拡大するシステムです。究極の目標は、熊本を生産者と消費者にとって公平な持続可能な生産と消費のモデル社会にすることです。

さらに、これらを実現するために、なによりフェアトレードシテイくまもと推進委員会事務局を再建させます。

世界1900カ所のフェアトレードタウンの皆様、応援してくださる皆様に、ご支援をいただだければ幸いです。

この事が、世界的な災害支援システムとフェアトレードの普及拡大につながることを期待しています。

フェアトレードシテイくまもと推進委員会代表
明石祥子

ホームページの中にご一報いただければこちらから返信いたします。

フェアトレードくまもと推進委員会代表の明石が全国に呼びかけを行っているところです。
日本経済大学の渡辺教授にアシストをしていただきました。
※2014年は2016年の間違いです。

 

各国を代表して
アメリカのFTT(フェアトレードタウン)コーディネーターのビリーさん
ポーランドのFTTコーディネーターのタデウスさん
WFTO(ワールドフェアトレードオーガニゼーション)理事長のイタリアのルディさん
イギリスのFFTコーディネーターのアダムさん
ドイツで最初のFTTザールブリュッケン代表のFleuranceさん
フェアトレードタウンの創始者ブルース・クラウザーさん
より応援のメッセージをいただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です